社会保険労務士会に入会する

社会保険労務士とは、社会保険と労働保険に関連して、行政の機関に提出しなければならない書類や帳簿の作成、また相談と指導を行う人や資格のことをあらわします。

また、別名を社労士とも呼ばれています。
社会保険労務士法によって規定がされた国家資格であり、厚生労働大臣指定の全国社会保険労務士会連合会による社会保険労務士試験は例年8月に開催され、11月に合格発表がおこなわれています。

試験に合格した有資格者のものは、実務経験が2年以上ある場合に、同連合会の名簿に登録されます。
そして、上記の条件を満たさない場合には同連合会が主体となって行われる事務指定講習を修了後に同連合会の名簿に登録されることとなります。

登録後には、都道府県の社会保険労務士会に入会することによって、開業労務士または勤務労務士になることが出来ます。

また、社会保険労務士をお探し場合は、オンライン上で名簿リストなどを閲覧することが出来ます。
地域の社会保険労務士を捜す場合には、このようなリストを参考にして探し見てみるといいかもしれません。

また、これからこの資格を取得しようと考えている方なども、オンライン上でさまざまな情報を得ることが出来ますので、探してみるといいかと思います。
最近では時代の流れかこの資格がとても人気を呼んでいます。
これから、何になろうかまだ定まっていない方にも、とてもおすすめの資格といえるでしょう。
これからの時代には重宝される貴重な資格です。

*このサイトは現在準備中です